img_02

葬儀は人生最期のセレモニーです

葬儀は人生最期のセレモニーです。
葬儀は、故人にとって愛する人、仲のよかった人、親し買った人との最期の別れを告げる場所でもあるのです。


故人にとって本当に仲の良かった人と最期の別れを告げられないことほど、悲しく辛いことはありません。

そのため遺族は故人にとって親しく世話になった人々に、訃報を伝えきちんと故人にお別れをさせてあげる必要があるのです。

しかし遺族や身内にとって、故人の人間関係や親しかった人が一体誰で、どう連絡をとってよいのか分からず、困惑することがあるのです。

いざというとき、これでは故人は本当に浮かばれなくなってしまいます。このようなことが起こらないように、身内や遺族はある程度元気なうちから人間関係や大まかな連絡先などは把握しておく必要があるのです。


葬儀は故人にとって今生の大舞台です。

オンリーワンの東京の納骨堂について悩んでいませんか。

故人にとって大好きだったもので遺影やご遺体の周りを飾ってあげることが大切です。
故人が大好きだった花で埋め尽くすことはもちろん、趣味のものをご遺体の傍らに置いてあげるのも良いでしょう。



音楽が趣味であったなら、ギターやフルートなども飾ってあげ、BGMに好きな音楽を流してあげると良いでしょう。


ご遺体は死後でも何日かは耳だけは聞こえていると言われています。ご遺体に向かって昔話や感謝の意をたくさん語りかけてあげるこも、故人は大変喜ぶことでしょう。



また棺の中に気持ちを込めて書いた手紙などや大好物の食べ物なども入れてあげると良いでしょう。
あの世で寂しくなく、きっと成仏されるでしょう。

葬儀には故人を偲び、故人にとって最高のセレモニーにしてあげたいものです。